人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

白い大文字

f0165564_23345578.jpg
朝、京都市内にも初雪が降りました。
窓の遙か遠くに見える大文字が真っ白になっていました。
京都の冬は厳しいですが、鼻がぴりぴり痛くなるこの寒さがきて
京都の冬が来たと、ちょっと嬉しくなります。
大阪生まれの私がこんな事を思うとは
私も京都人になってきたのか?
by a-koko | 2008-12-26 23:55

おみくじサンタ


f0165564_2344271.jpg

通称”染めのおっちゃん”から思いがけないクリスマスプレゼント。
木彫りのかわいいサンタさんです。
実はこのサンタさんはおみくじらしく、
足の裏に”麗”と”憩”と画かれてありました。
来年は、ふく、とみもこの字の様になってくれるだろうか、、、。
f0165564_23444467.jpg

染めのおっちゃんは風のように来て、風のように去っていきました。

そして夜は、ふくがクリスマスケーキをデコレーション。
昼間に焼いておいたスポンジに、生クリームとイチゴと
保育園のサンタさんに貰ったクッキーをのせて。
なんだか、生クリームもクッキーも、ぐるぐる回って
サンタさんも目が回ってたおれているよー!

f0165564_23424365.jpg

by a-koko | 2008-12-25 22:59

merry kani x'mas

f0165564_9495898.jpg
我が家の今年のクリスマスイブは上海蟹です。
とはいっても、上海蟹とクリスマスは無関係です。
よく行く、寺町御池の中華料理店”上海人人飯店”で
新鮮な上海蟹が入る日が、たまたま水曜日の今日だったという理由ですが、、。
クリスマスとは、縁の薄い中華料理店で
上海蟹と5年物の紹興酒、
美味しいモノの時は静かな子供達と
静かなクリスマスディナーとなりました。
by a-koko | 2008-12-24 09:42

箱の中身

f0165564_1093745.jpg
f0165564_1010585.jpg
先日、東京谷中の古美術上田さんから届いた箱の中身、
それは江戸の遊郭に灯されていた照明の傘でした。
枠が春慶塗りの直径50㎝もある物で立派な物ですが、
貼ってあった和紙が破れてしまっていたので修理に出していて
やっと綺麗になって戻ってきました。
修理に出した先は、近所の表具やさん。
和紙やさんで自分の好きな和紙を買って持ち込ませて頂きました。
”球体なので難しいな~、シワになるかもしれませんよ”
と表具やさんの最初の言葉でしたが
驚くほど早く、ぴっちりとシワ一つ無く綺麗に仕上がってきました。
古い時代の物は、こうして修理が出来て何年も使える事に改めて驚き、感動し,
そして、すぐに修理の材料と職人さんがまだまだ沢山いる京都に改めて感動しました。
by a-koko | 2008-12-23 10:06 | 古道具たち

小さな作業場

f0165564_16564784.jpg
玄関工事が終わり、もうそろそろ1ヶ月。
ずいぶんと家の中が落ち着いてきました。(?)
今まで半物置になっていた部屋に
知り合いの方に頂いた、元飲み屋のカウンター板を置いたところ
この小さい部屋に、細いテーブルが大きすぎず、しっくりはまってくれました。
パソコンの定位置になり、小さな作業場となりました。
狭い家に、さらに小さいこのスペースが妙に落ち着きます。
しかし気が付くと、いつもこの上はオモチャでいっぱいになっています。
by a-koko | 2008-12-20 16:46 | 古家日記

漆塗箪笥 嫁に出す

我が家には、箪笥が4竿ありました。
そのうち、80㎝幅の2個が1セットになった物もあり
横に並べた総延長は約4m近くにもなりました。
これらは、すべて頂き物。
2個1セットの物は夫のおばあちゃんの嫁入り道具でした。
いくらなんでも、中に入れる物云々より
かさばかり大きくて、箪笥に埋もれてしまう、、。
友人に相談した所、快く一つ嫁に貰ってくれることになりました。
f0165564_9245129.jpg

嫁入り当日、我が家の階段は狭いので
2階の窓からロープで吊して出すことに。
こんなとき、ちゃんと古い箪笥はその事を計算されていて
横の取っ手にロープを簡単に引っかけられます。
わずか数分で2階から降ろすことが出来ました。
f0165564_925989.jpg

無事降ろされた塗箪笥。
この後、車に乗せられて嫁に行きました。
by a-koko | 2008-12-12 09:22 | 古道具たち

古美術上田さんより

先日、谷中でお邪魔した古美術上田さんより
人が入れるくらいの、大きな木箱が届きました。
さてさて、中身は、、。f0165564_92977.jpg

by a-koko | 2008-12-10 09:26 | 古道具たち

新入荷UPしました。

Room marketのnetshop古道具闇市場にて、
新入荷致しました、商品をUP致しました。

今回は、戦時中に作られた物ですが、
時代を色濃く映し出しています。
自由に物を製造出来なかった戦時中、
製造はすべて国に管理されていました。
その証として製造場所、製造時期が記されている物があります。
陶器も同じく、管理され製造場所、製造番号が付けられました。
それらの物は統制陶器と呼ばれています。
今回のこの皿は陶製陶器、岐阜県で製造された物です。
どんな思いが込められ、作られたのでしょうか。

f0165564_1724459.jpg

統制陶器、そして戦時中に戦地から帰還を祝った杯など。
どうぞ、御時間ございましたらRoom market のhp御覧下さい。
→room market 古道具闇市場
by a-koko | 2008-12-08 17:40 | 古道具店 呱々

谷中さんぽ

f0165564_2393149.jpg
京都から東京への小旅行。
谷中で友人が開いたお店にお邪魔してきました。
東京には滅多に行かないので、谷中はもちろん初めての土地。
噂には聞いていましたが、そうそう、どこか左京区と同じにおいが、、。
谷中という地名から連想することは、ビルの谷間にぽっかりと浮き出た異次元。
そして友人のお店、古美術 上田 もまた異次元でした。
古美術 上田は、谷中銀座を抜けた先の路地奥にあり、
古い長屋をコツコツと直したという店内は東京に居ることを忘れてしまいます。
彼独特の世界観で選び抜かれた古美術、骨董は本当にステキでした。
谷中へ行かれる時は、のぞいてみてはいかがでしょうか。

古美術 上田 ueda arts hp→http://ueda-arts.com/

また、谷中を中心に紹介されている楽しいブログもあります。
古美術上田も紹介されています。こちらも是非。→谷根千ウロウロ

f0165564_2340516.jpg
谷中さんぽ
谷中には見所がたくさんあります。
昔からの谷中銀座や、若い世代の人たちが始めた服屋さんや飲食店。
また、芸術家、文人の居宅跡も多く残されています。

f0165564_23363433.jpg
中でも、古美術上田店主のお薦めは、朝倉彫塑館です。
彫刻家 朝倉文夫が昭和初期に木造家屋の住宅兼アトリエに
鉄骨の巨大なアトリエを増築した不思議な建物です。
増築と言うよりも、新築、、、?ここまでやっても良いのですね、、。
写真は増築部分からの入り口です。
頭上には裸体像がお出迎え。
残念ながら、改修の為木造部分には入れませんでした。
そのうちに全面改修するらしいです。
by a-koko | 2008-12-01 23:56 | 古道具たち