玄関工事

f0165564_0322492.jpg
10月末から約2週間、我が家でついに念願の玄関工事をしました。
この2週間を少しずつですが紹介します。
写真は解体前です。
写真左上、今回玄関戸となった戸は、この家に来てから数年間(もしかすると数十年間)
ずっと開かずの扉でした。
樋が以前壊れていたので戸の下部が雨水に濡れて朽ちてしまい
開け閉めが殆ど出来ない状態でした。
写真右上のこの土間になっているところには、以前はしごのような階段が付いていました。
階段は2年前に撤去し、友人の家から頂いた階段を場所を変えて取り付けました。
写真右上と右下は、玄関と廊下ですが、古い合板の床で、床下がきしきしと危うい状態でした。
そして、写真左下は以前押入があった所ですが、土壁が崩れ落ちたので、既に撤去し3年ほどこの柱のみの状態でした。
f0165564_057228.jpg

いよいよ工事初日。
大工さん二人によって、あっという間に半日で解体は終わってしまいました。
予想通り、床下束などは機能していない状態で新しくやり直すことに。
今回工事に入っていない部屋の床下の束と基礎も、予想通りほっておけない状況で
急きょ、束と基礎を入れ直してもらうことに。
f0165564_0573786.jpg

工事二日目には、新しい束石と基礎が入れられました。
モルタルをこねたり、大工さんは何でもできます!

f0165564_172086.jpg
三日目から四日目にかけて、玄関框が付けられました。
ここは、本当に細かい作業でした。
ノミとノコギリの手作業でコツコツと丁寧に削られ、立派で綺麗な框が入れられました。
作業の後、框は大事に毛布がかけられています。
f0165564_11994.jpg
五日目、あっという間に下地が貼られました。
ここまで来ると、ぐっと工事が進んだ感じがします。
f0165564_1274038.jpg
床の下地が一段落したところで押入工事へ。
もとあった柱はなんと7㎝も傾いていました。
取り外した方が早いと言うことで、いったん柱を抜き位置を少しずらして
付け直してもらいました。そしてこの状態までわずか一日!
とても作業が早くて腕の良い大工さんです。
早足でしたが、今回はこの辺で。
後半へ続く、、。
[PR]
by a-koko | 2008-11-13 01:36 | 古家日記
<< 玄関工事 その2 山会へ >>