新品道具ですが

ごはんを炊くのは日々勉強です。
水加減や火加減は季節によって微妙に変わります。
ごはんを炊く道具でも炊きあがりが違います。
最近までアルミ製の羽釜で約3年間ごはんを炊いていました。
使いやすかったのですが、扱いが荒く、
柔らかいアルミなのでだんだんと変形していってしまいました。
木の蓋をしても隙間から熱が逃げてしまい、炊きあがりもいまいちに、、。
そろそろ替え時か。
普通の土鍋で炊いてみたり、ルクルーゼで炊いてみたり
基本的にはどんな鍋でも炊けるのですね。
でもやっぱり、ごはん専用の鍋が欲しい。ということで
探してみると、ちょうど良いのがありました。
f0165564_20172915.jpg

野田琺瑯のごはん鍋。
鋳物琺瑯ですから割れる心配があまり無く、
ごはん用に設計されているので吹きこぼれがあまり無いです。
形もシンプルでステキです。
何よりお値段がお手頃。
ネットの書き込みなどを見ていると、焦げが出来るという人もおられるみたいですが
初めからきれいに炊けました。
説明書では最初沸騰するまで蓋をしないと書いてありましたが
私は蓋はしたままです
f0165564_20222372.jpg
きれいにふっくら炊きあがります。
大満足。
[PR]
by a-koko | 2011-03-04 20:25 | 古道具店 呱々
<< おかめ桜 ことしも会えました >>