和式トイレ カウントダウン

我が家のトイレは和式トイレです。
家自体は築100年ですが、トイレは雰囲気からみても
ざっと30年は経っているでしょうか、、。
土間の台所からトイレに入るので、約40㎝の高さへ一段踏んで上ります。
上った先には、男性用小便器があり、その奥に和式便器があります。
以前はその間に扉があり、同時に2人は入れるというシステムでした。
狭い空間に、さらに扉の開け閉めは非常にうっとおしいもので、、、
ある日、思い立ってはずしてしまいました。
手洗い用の流しはありません。
もともと学生用の下宿屋だった造りなので、経済性優先だったと思います。
使い勝手は2も3も次だったんでしょう。
そんなトイレへの思いが日々沸々と募り、ついに爆発!!
とまではいきませんが、
子供達がそれぞせトイレに走るようになり、高齢化社会の波にも乗って
ついにトイレの魔の40㎝を下げようということから話が始まり、
和式便所から洋式便所へ変わることになりました。
和式への思いをこれまでいろいろ思いましたが、いざお別れとなると
”これで一つの時代が終わるのか”と大げさにも思ってしまいます。
子供達が大きくなって、
”そうそう、実家も昔はこんなトイレやったよね~”
なんて話を「昔の日本の住宅の本」なんか見ながら話すのでしょうか。
ゴールデンウィーク明けにはサヨナラの和式トイレ。カウントダウンが始まります。
[PR]
by a-koko | 2010-04-21 12:44 | 古家日記
<< トイレ工事 1日目 解体 おおきくな~れ >>