ことはじめ

f0165564_1053331.jpg
12月13日は”ことはじめ”
門松やお飾りなどのお正月の準備を始める日です。

その、ことはじめの日に、おはなの”みたて”さんのお花遊びにて
お正月用のもち花飾りを製作しました。

一人では大変な作業ですが、みたてさんのご指導のもと
竹に縄を巻き、生きたもみじの枝に
白と赤の持ちを一つ一つ花に見立てて飾り、
不器用な私にも、もち花飾りが出来ました。

このもみじの枝は押そう月が終わり、暖かくなり始める頃に
本当の芽を出すそうです。

可愛く出来たもち花飾り
15日の営業日のお飾りに早速使わせていただきます。
[PR]
# by a-koko | 2012-12-14 11:10 | 古道具店 呱々

古道具店 呱々 12月15日営業します

f0165564_10251333.jpg
寝室から毎朝見る大文字山。
白くけむっていました。
昨日、京都は初雪が降りました。
今年の初雪はだいぶん早い。
このまま真冬に突入するのかと少し恐怖を感じます。

でも、ストーブをつけてシュンシュンお湯が沸く音とか
日が当たる所の暖かさとか
冬の楽しみは寒いながら,良いものですね。

今月15日(手作り市の日)、古道具店呱々 営業いたします。
今週末は何とか寒さも和らぎそうです。
お散歩日和になる事を期待します。

f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車
古道具店呱々 netshop
[PR]
# by a-koko | 2012-12-11 10:36 | 古道具店 呱々

気分はお正月

f0165564_1275482.jpg
少し早いですが、お店の準備をいていたら気分はすっかりお正月。
そうそう、その前にクリスマスもありました。

12月5日㈬は古道具店呱々営業します。
少し早いお正月気分でお待ちしております。


f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車
古道具店呱々 netshop
[PR]
# by a-koko | 2012-12-04 12:12 | 古道具店 呱々

古道具店 呱々  12月5日 営業日です

f0165564_14391752.jpg
早いものでいよいよ師走。
今年も残るところひと月となりました。
このところ、京都もぐっと冷え込んできて
いよいよ冬本番ですね。

ストーブも出して、フル回転。
クリスマスツリーも飾りました。(子供担当)
お師匠さんが走るひと月、私も走るのやら…

12月5日㈬は古道具店呱々の営業日です。
お忙しい時期ですが、ほっと路地奥で一息つくのもいかがでしょうか。


f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車
[PR]
# by a-koko | 2012-12-03 14:40 | 古道具店 呱々

古道具店 呱々 路地奥のお店 営業日

f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車

 古道具店呱々 netshop
[PR]
# by a-koko | 2012-12-02 14:41 | お店について

お母さんの着物

f0165564_14545496.jpg
先日、改めて”日本の着物ってすごいな””京都ってすごいな”と実感しました。

お母さんが私の入学式に来た古い着物を、
息子の小学校の入学式にも着たいと思い
実家から送ってもらいました。

その着物はお母さんがお嫁入りのときに作った着物。
色無地でシンプルですが、なんせ23歳のお嫁入り。
色は濃い明るいピンク色でした。

35になった私がこれを来て良い物か…

しかも”テナガザル”と子供の頃言われたくらい私の手は長い。

この着物きれるのか?

そんな時、着付けを習っているツッチー先生に
四条河原町の呉服屋さんを紹介してもらいました。
「四条」の、「河原町」の、「呉服屋さん」。
とても敷居が高そうで普通一人では絶対に入れそうにありません。
それでも、京都の”紹介”というシステムは素晴らしく
若造の私をとても親切に受け入れてくれました。

まず寸法直しを相談。
一度全部ほどいてしまうとのことでした。
それなら、しみ抜きも必要だし”染め直し”てはとの提案。
染め直しとは本では目にしましたが、実際私の(母の)着物で出来るのか?!と戸惑い。

また、そんな私に親切に説明していただき
心配しなくても、ある程度希望の色に染まるとの事でした。

着物の色を色見本から選んで、薄い黄緑色にお願いしました。
寸法も自分の寸法に合わせて頂きました。

待つこと3か月、出来上がりの電話がかかって来ました。
若々しかったピンクの着物が、約30年の時間を過ごし
落ち着いた黄緑色に染まり生まれ変わって戻ってきました。


30年前のお母さんの着物を私がまた着ることができる。

きっとあのままだと、この先まだ何十年も誰にも着られることはなかったのかな。


いろいろと思いが浮かび上がり

そして着物というものが再生できる事、
京都では、再生が今でも日常的に出来る事。
素晴らしいなと、ただただ思うばかりです。
[PR]
# by a-koko | 2012-11-27 15:29 | 日々

15日古道具店営業します

すっかり秋も深まってまいりました。
さて、明日15日は百万遍の手作り市の日。
”古道具店 呱々 路地奥のお店”営業いたします。
手作り市の帰り道など、お立ち寄りください。

f0165564_1402292.jpg



11月8日に立冬、11月23日に小雪を迎えます。
寒い冬ももう間近。
晩秋を楽しむ、そして夜長を楽しむための、茶杯、杯を集めました。
お気に入りの茶杯、杯であと少しの秋をお楽しみください。





f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:土曜日、毎月15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車
[PR]
# by a-koko | 2012-11-14 13:52 | 古道具店 呱々

そばちょこ

f0165564_1593964.jpg
岐阜の高山で出会った”そばちょこ”
しばらく使っているうちに、底から水が漏れている事が発覚。
仕方がないので、鉢植えに転身。
あまり水のいらない観葉植物で、この”そばちょこ”の身の振り方が落ち着いた。
けれど、ある日掃除の放棄を引っかけて落下。
割れてしまいました…。

幸い、真っ二つに割れたので
接着剤で修復が可能みたいです。

なかなか落ち着かない”そばちょこ”だなぁとため息。
しかし粉々に割れずに二つに割れたくれた事で
何かまだ”そばちょこ”の根性みたいなものが
伝わってくるような気がしました。

この”そばちょこ”、
まだまだお役御免にはなりません。
[PR]
# by a-koko | 2012-11-05 15:21 | 古道具たち

古道具店呱々アクセス

古道具店 呱々 
京都市左京区吉田泉殿町57‐2

[PR]
# by a-koko | 2012-10-12 15:23 | 古道具店 呱々 アクセス

古道具店 呱々 

f0165564_10591682.jpg
こんにちは、古道具店呱々です
改装工事などで左京区吉田の路地奥のお店を
しばらくお休みしておりました。
表がすっかり衣装替えいたしました。
10月より再開いたします。
お時間ございましたら、お立ち寄りください。
なお、路地奥のお店の営業日が変わりました。
路地奥のお店の営業日は毎月5日、15日です。
インターネットショップは変わらず営業しております。
こちらの方も是非覗いてみてください。
古道具店呱々net shop


facebookやってますfacebook古道具店呱々

f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月、5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

 所在地:京都市左京区吉田泉殿町57-2
   tel :075-761-8434

 最寄駅:京阪出町柳駅 2番出口から徒歩7分
      京都市バス17、206 百万遍下車
[PR]
# by a-koko | 2012-10-04 11:04 | 古道具店 呱々

2012 台湾紀行

f0165564_13452467.jpg
2012年の夏休みは、台湾でたくさんの人と場所と物に出会いました。
台北から入り、九份、基隆(少し)、台中へ電車であっちこっち。

赤提灯が沢山の写真は九份。
”千と千尋の神隠し”で有名になりましたが
それ以前に映画”非情城市”の舞台で有名です。
けれど、”千と千尋”に押されて後者の影はすっかり薄くなっています。


f0165564_13581655.jpg
台北・龍山寺近くの古書店。
大音量のクラシックと古書、骨董でとてもよい空間でした。


f0165564_14111543.jpg
台北から車で1時間ほどのレストランの側にて、
大きな木の下で、おじいさんがお茶を出すお客を待っています。
おじさんの犬が涼しそうに昼寝。
息子がおじさんのまねをしてお茶屋さんごっこ。


f0165564_1421945.jpg
台湾では忘れてはいけない夜市
普段、日本ではゲームセンターへは行きませんが、
夜市では目つきが変わります。
かなりのギャンブラーになっていました。


f0165564_14282811.jpg

台湾に美味しいものは沢山ありますがやっぱり、小龍包。
気が付けば、ほとんど毎日食べてました。



f0165564_14311891.jpg
この空が忘れられません
[PR]
# by a-koko | 2012-08-23 14:35 | 日々

古い鉄の水差し

新しく入荷いたしました

古い鉄製の水差しです。

味わいのある、良い色になって
持ち手がプックリと可愛らしいです。

緑を生けたり、インテリアとしてなど…

そこにあるだけでも、しっかりとした存在感のある一品です。

鉄水差し 呱々HPへ

f0165564_13583550.jpg

[PR]
# by a-koko | 2012-07-18 14:01 | 古道具店 呱々

工事進行中です

f0165564_13535637.jpg
古道具店呱々の路地奥のお店の工事進行中です。
大工さんによる建具工事が終わり、ほっと一段落。
次は塗装工事です。
塗料は、塗装屋さんにお願いして、
柿渋とベンガラでできた”わびすけ”を塗ってもらう予定です。
柿渋とベンガラは、昔から建築に使われてきた塗料で、
今では、いわゆる古色として使われています。
体に有害な材料は入っておらず、
柿渋に少々臭いはありますが、発行による臭いなので
体にとても優しい塗料です。

塗装工事は残念ながら、梅雨が明けてからになりそうです。
その頃は、わたしは台湾に旅に出ております。
塗装工事が終わり、完成するのは先になりそうです。
こののんびり感は、やぱっり私だなと…実感と反省です。
[PR]
# by a-koko | 2012-07-09 14:06 | 古道具店 呱々

もはや病気!?

f0165564_14454790.jpg
ただいまお店の扉を付け替え計画中です。
旅先で、ふと入った路地奥が想像以上に素敵だったりすると
その旅自体が深く心に残るものになったりしませんか?
そんな心に残る路地奥を目指し、日々試行錯誤。
そんなで、お店の扉をもっとワクワクする扉にしたいと
何年も温めた計画をついに実行に移す段階に来ました。

しかし、この家に住み始めて、もう8年。
知人曰く、”ブルーシートがいつも何処かにかかっている”
それほど、いつも何処かを修理している家みたいです。
ところが、トイレ工事を最後に1年半ほど何もしていません。
それが普通の家なんですね。
でも、じわじわと、次は何処をしようかと…これは、もはや病気。
改装病とかいう病気にかかってるみたいです。
また、これから数日ブルーシートの日々がやって来ます。
[PR]
# by a-koko | 2012-06-12 15:00 | 古道具店 呱々

好日居さんの茶教室へ

f0165564_17563166.jpg
岡崎にある好日居さんの茶教室へ参加させていただきました。
中国茶をメインに出されている好日居さん、とても好きなお店です。
その好日居さんの初の茶教室に、私も参加させていただきとても嬉しいです。
少しの明かりの中の静かな空間で、ゆっくりと教室は始まりました。
初めのお茶は、中国浙江省の龍井茶。
f0165564_17565150.jpg

蓋椀で入れて頂いた後、シャンパングラスでもいただきました。
こんないただき方があるなんて、なんて素敵…
f0165564_17572513.jpg
二つ目のお茶は台湾の杉林茶。
このお茶は聞香杯で香りの楽しみ方を教えていただきました。
f0165564_17574138.jpg
三つ目のお茶は台湾の碧縲茶。大きな杯に入れて茶杯に入れていただきます。
たくさんのお茶をいただいて、お茶酔いとはこういうことかと実感です。
お酒に酔ったような不思議な気持ちになりました。
中国茶好きにはたまらない一日でした。
[PR]
# by a-koko | 2012-06-06 20:33 | 日々