カテゴリ:古道具たち( 24 )

こんなのが

f0165564_10361340.jpg
こんな可愛い酒杯が入ってきました。
もちろん茶杯にも合いますね。

残念ながら来年の干支である馬はありませんでした。
その代わりに美女が二人も!
(裏を向いてる杯がもう一人の美女です)

いったいどの干支が美女に変身したのでしょうか!?
[PR]
by a-koko | 2013-12-02 10:35 | 古道具たち

夏目雅子と火消壺

f0165564_16285140.jpg
以前、映画”時代屋の女房”をたまたま見ていた時のこと。
夏目雅子が、東北のとある宿にて囲炉裏を囲んでいるシーンで”あっ”と思わず…。

囲炉裏の灰の中に埋まっているではありませんか…火消壺。
しかも胴体半分くらいまですっぽり。

このタイプの火消壺、今まで何度かお店に入って来ては旅立っていきました。
火消壺の使い方は、火のついた炭を中に入れて蓋をして火を消す。
説明もしてきたし自分ではわかっていたつもりだったんですが、
ビジュアルとして使っている様を見たのはこれが初めてでした。
それも映画で。

”そうか…だからいつも灰まみれ。”
何となく想像はついていても、初めてスッキリした気持ちでした。

是非、”時代屋の女房”で探してみてください。
でも、やっぱり夏目雅子さんは綺麗ですね。

現代となっては火消壺をそのままの用途で使う機会は無いに等しいと思いますが、
年々も年々も囲炉裏の灰に埋もれて働いてきた、その存在感。
部屋の片隅にでも、居るだけで味があります。
ドライフラワーなどを添えてみるのも良いと思います。
net shop 銅の火消壺
[PR]
by a-koko | 2013-07-08 16:29 | 古道具たち

青磁皿

f0165564_1544155.jpg
先日、友人に頂いたマザーリーフ。
夫が昔、韓国の骨董屋で買った青磁の皿に浮かべてみました。

何故か、この青磁皿は随分長い間、日の目を見ずに過ごして来ました。


”道具は使わないと無いものと同じ”だと自分に言い聞かせていたのに。
何年も使いそうで使わない所に置かれていて出番待ちでした。

今日"あっ”と思い立って、
友人に頂いたマザーリーフを浮かべてみた。
申し合わせたようにしっくりくる二人。
今日この日を青磁皿は待っていたのか……(大げさ)

涼しげな二人です。


[PR]
by a-koko | 2013-05-20 15:55 | 古道具たち

未確認飛行物体出現?

f0165564_1450324.jpg
まるでUFO みたいな昭和レトロな電傘。
白い壁に似合いそうです。

netshop→UFO電傘




f0165564_1104114.jpg
京都くらしの古道具店 呱々〈koko〉
 営業日:毎月5日、15日(百万遍手作り市の日)
営業時間:午前11時~夕方

古道具店呱々 netshop
[PR]
by a-koko | 2012-12-20 13:44 | 古道具たち

そばちょこ

f0165564_1593964.jpg
岐阜の高山で出会った”そばちょこ”
しばらく使っているうちに、底から水が漏れている事が発覚。
仕方がないので、鉢植えに転身。
あまり水のいらない観葉植物で、この”そばちょこ”の身の振り方が落ち着いた。
けれど、ある日掃除の放棄を引っかけて落下。
割れてしまいました…。

幸い、真っ二つに割れたので
接着剤で修復が可能みたいです。

なかなか落ち着かない”そばちょこ”だなぁとため息。
しかし粉々に割れずに二つに割れたくれた事で
何かまだ”そばちょこ”の根性みたいなものが
伝わってくるような気がしました。

この”そばちょこ”、
まだまだお役御免にはなりません。
[PR]
by a-koko | 2012-11-05 15:21 | 古道具たち

ストーブみがき

f0165564_1314205.jpg
寒くて天気も曇りがちなので、本日せっせと家でストーブ磨きです。
磨いているのは、頂き物のアラジンストーブ。
かなり古い物みたいです。
それでも手入れをしたら、また使えるというのは素晴らしいです。
最近我が家の5年物のガスファンヒーターが、
そろそろ寿命かと思っているのに、、、。
[PR]
by a-koko | 2010-01-22 13:19 | 古道具たち

ぼくのお気に入り

f0165564_10141255.jpg
我が家の食卓はいつも大皿におかずを盛り、それぞれの取り皿に取って食べます。
子供達のお皿はムーミン。
大人のお皿は、最近青い花の模様の取り皿に替えました。
すると、何故か2歳の息子が”ぼくのこれがいい”と大人のお皿を。
初日だけかと思いきや、毎回毎回”ぼくのはこれ”と。
仕方なく、息子は毎回この大人用のお皿で食べ、
毎回お父さんが、息子のムーミンのお皿で食べています。
[PR]
by a-koko | 2009-07-02 10:23 | 古道具たち

課外授業? in天神さん

いつも通っている刺繍工房のレッスン、今回は課外授業?ということで先生と2人天神さんへ。
目的は、秋に開催予定の袋(布久路)展の為の教材探し。
天神さんへは、古道具を見によく行きますが、古布を探しに行くのは久しぶりです。
しかも先生が一緒とあって、いつもより気合いが入ります。
目指すは、古い着物生地や風呂敷、はぎれなど、、、。
古布といえど、日本広し!
北から南まで、ここ天神さんにあるだけでも様々。
紬や大島、中には?十万のアイヌの着物までも。
博物館では触れないので、ここぞとばかりに手にとってお勉強です。
そんな中、三重の旧家からの初出し?という一件のお店に立ち止まりました。
本で見た事のあるような江戸時代からのつぎあてられ続けた大きな布や、
本麻の蚊帳、藍染めの麻布など、、先生と2人テンションが上がり、、!

f0165564_100155.jpg
長時間に及ぶおじさんとの値段交渉。
先生の戦利品は大きな風呂敷、蚊帳、麻のはぎれなど。
そして私の戦利品がこの写真。
藍染めの麻の着物と藍染めの綿の敷物です。
大興奮の授業でした。
[PR]
by a-koko | 2009-06-25 22:33 | 古道具たち

おばあちゃんのお皿

f0165564_1016080.jpg
おばあちゃんの使っていた古いお皿がやってきました。
実家の引っ越しで、私と姉、両親、亡くなった祖父母の荷物の大整理があり
このお皿達は行き場を無くし、我が家に来たのです。
ノリタケのこのお皿達は、私が小さい頃のお昼ご飯に毎日出てきました。
私の実家は商売の家だったので、おばあちゃんがお昼ご飯の担当でした。
といっても、おばあちゃんも忙しかったので、お昼は簡単な物を。
このお皿に、オムレツやハム、キャベツのサラダが定番でした。
あんなにバタバタした日々のお昼ご飯に使われていた、このお皿達。
今、改めて見て、欠けが一枚もないことに驚きました。
おばあちゃんは、このお皿達を毎日丁寧に扱っていた事をふと思いました。
[PR]
by a-koko | 2009-04-14 10:38 | 古道具たち

初弘法 2009

f0165564_1035877.jpg
2009年度、東寺さんの初弘法へ。
平日で、しかも今にも降り出しそうなお天気でしたが
やっぱり初ということもあって、沢山の人でにぎわっていました。
到着が少し遅くお昼前だったので、まずは腹ごしらえ。
東寺さんのそばにある鰻屋さんへ直行。
そこは、普段は鰻の店頭販売のみですが
弘法さんの日は、お店の奥(ご自宅?)を解放して
どんぶりや鯉のお刺身が食べれます。
f0165564_10103056.jpg

写真は鰻どんぶり、肝吸い。
残念ながら、鯉のお刺身は写真に納める前に胃袋に納まりました。
鰻は炭火焼で焼きたて。肝吸いは生姜がきいてて美味。
我が家は弘法さんへ来る目的の8割はこれかもしれません。
さて、本題の弘法市。
やっぱり、雨が降り出しそうなのでお目当ての骨董屋さんは早じまいの準備中。
我が家で今熱いだるまグッズ探しでは、これはというだるまちゃんには出会えず。
けれども、帰りの伊勢丹で!
かこさとしさんのだるまちゃんに遭遇!
f0165564_1021738.jpg

[PR]
by a-koko | 2009-01-21 10:00 | 古道具たち